MINOH BREWERY 箕面ビールについて

箕面ビールとは

リアルエールについて

写真提供:箕面市

大阪府の北部、北摂と呼ばれる地域に位置する箕面市は、自然の宝庫で観光名所も数多くある魅力にあふれた街です。「日本の滝百選」にも選ばれている箕面大滝や、秋に多くの人々を魅了する紅葉などが特に有名で、それらを抱える「明治の森 箕面国定公園」のほど近くで箕面ビールは造られています。また箕面は野生のお猿も有名で、ちょっとやんちゃなお猿たちが箕面を訪れた人々を歓迎してくれます。

そんな豊かな自然の中で育まれた箕面ビールは、すべてのビールが無ろ過・非熱処理ビールとなっております。酵母をろ過せずにそのまま瓶詰めすることで、より豊かな味わいが得られるだけでなく、健康・美容面でも優れたビールが生まれるのです。どうぞ「本来のビール」をお楽しみ下さいませ。

箕面ビールのおいしさへの取り組み リアルエールについて

樽のなかで熟成を終える新鮮な香りと味わい

通常のビールは醸造所のタンク内で熟成されるのですが、「リアルエール」の場合その製法もサービングも通常のビールと違います。厳選された原料から造られたエールビールを、通常のビールは一次発酵が終わると貯蔵用のタンクに移され熟成が行われるのですが、リアルエールの場合一次発酵後、タンクではなく最終的に消費者に提供される樽(ケグ)に移し樽の中で炭酸ガスを抜きながら二次発酵に伴う熟成を行います。もちろんろ過や熱処理は一切行なわれていません。

ハンドポンプでおいしさを仕上げます

樽からのサービングも大きく違います。イギリスの伝統的なパブでは、熟成を終えた「リアルエール」はセラーマン(パブのオーナー等)によって、頃合いを見ながらお客様に提供されます。
それも普通のサーバーではなく、ハンドポンプと呼ばれる伝統的なサーバーによって注がれます。ハンドポンプは電気や炭酸ガスに頼らずに、井戸を汲み上げる要領で人の力のみで注がれます。注がれた「リアルエール」の泡はとってもクリーミーで、炭酸ガスの刺激のない分ダイレクトに伝わってくるビールの味と香り。このスムーズな喉越しと口当たりは、今までには味わったことのない新しい感覚に出会えます。
今までのビールとはまったく違った「リアルエール」は、またの名を「LiveBeer」とも呼ばれます。
その香りと味は新鮮だからこそなせる技。

リアルエールで乾杯!

日本ではまだまだ珍しいリアルエールですが、日本の地ビールメーカーが少しずつ力を入れて、このリアルエールを広めようと頑張っています。弊社もそのメーカーの1社です。通常のビールとは違い、樽の温度や状態の管理など少し手間がかかりますが、その分リアルエールは飲む方に味はもちろん目でも不思議な楽しさを与えてくれます。

リアルエールは、箕面ビール直営店BEER BELLYBEER BELLY EDOBORI各店の他、全国のこだわりのお店でご用意しております。新たなビールとの出会いをぜひお楽しみください。