賞味期限 変更のお知らせ

アップデート:2017.9.21

カテゴリー:お知らせ, ニュース

       <賞味期限 変更のお知らせ>

 

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社箕面ビール330ml瓶製品(冷蔵)賞味期限の変更いたしますのでご案内申し上げます。

今後とも、弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

<賞味期限の変更>

【変更内容】

           [従来]   [変更]

・330ml 瓶製品(冷蔵) 90日 ⇒  120日

・10L  樽製品(冷蔵)    90日 ⇒  120日

 

【変更期日】

●定番商品<ピルスナー・ヴァイツェン・ペールエール・スタウト・W-IPA>

ラベルの在庫状況の関係で、平成29年5月末より移行期間をもち、8月より定番商品5種類は

全て120日に切り替わりました。

●準定番商品、季節限定ビールに関しては、随時変更しております。

切り変わるタイミングで、90日と120日が混在される場合がございますが品質には問題ございません。 

 

この度の変更に当たっては、2016年10月に新型瓶詰機を導入し、同時に樽に関しましても、樽洗浄機の炭酸注入機の増設、新型樽詰機を導入した結果、詰行程中における酸化防止が大幅に削減された事による味覚の変化、

見かけの変化、微生物検査の3種類について確認いたしました。

 

①    味覚による味の変化

2016年10月より新型詰機で詰めたものをサンプリングし、時間経過とともに定期的に官能評価を行いました。

酸化に伴うオフフレーバーは見られず、苦味、旨味、香りの劣化も経時によるバランスの変化は見られないことから、味わいとしての変化もほとんどないと思われます。

 

 ②    色の変化

瓶製品、樽製品ともに弊社基準内、120日を超えた製品に関しても基準外の変化は見られませんでした。

 

 ③    苦味値(独立行政法人 酒類総合研究所)

外部研究所へ委託し苦味価測定を行った結果、製品ごとに設けてます苦味数値(IBU)とほぼ合致する値でした。

 

 ④    一般細菌及び大腸菌群検査(独立行政法人 酒類総合研究所)

製品の一般細菌・大腸菌群の検査を外部研究所へ依頼しました。

・一般細菌 : 検出されない/ml

・大腸菌群 : 検出されない/ml

微生物的に清浄であり、品質を害することは無いと言えます。

これらのことから安全率を踏まえ、賞味期限を延長することに問題は無いと判断いたしました。

 

何卒 ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

□     お問い合わせ先 □

株式会社 箕面ビール

tel:072-725-7234

mail:info@minoh-beer.jp