Collaboration Brew with Yorocco Beer

アップデート:2020.10.16

カテゴリー:ブログ

        ~NEW RELEASE ~

『MINOH BEER』×『Yorocco Beer』

    「KOMPAS」  

 

今回のシーズナルビールは神奈川県・ヨロッコビールさんとのコラボです。
皆さんご存知、オーナーブルワーのあきおさん。
とっても温厚でビールに対して熱い情熱を持った心から尊敬するブルワーさんです。
うちのスタッフはみんな、あきおさんファン。会ったらここぞとばかりに連日夜な夜な飲みに(笑)
あきおさん、毎度テンション高いスタッフにお付き合いいただき有難うございます(^^)

 

グッと仲良くさせてもらうようになったのは、箕面ビールの旧仕込装置をYOROCCO
さんにもらってもらったのがキッカケで、昨年は無事ブルワリー装置移設を記念して⁉
YOROCCO BEERさんでコラボビアを仕込みました。
その時はPlumを使ったセゾン(PLUMBON)を造りました。
そして今年は場所を変えて箕面で仕込み。

今回も使う原料はすもも。大量~。

桃でお世話になっている、和歌山の八旗農園さんからPlum(スモモ)を分けてもらい、ひたすらカット。

水に浮かべるとキレイです(笑)

ほぼ半日かけてひたすら実と種に分けます!

 

すももをカットしながらワイワイ(*‘∀‘)
たわいもない話だったりビールの話だったり、この時間がとても心地良い。

 

 

でも手は止めずひたすら…そうひたすらカットするんです。
タンクに投入する時間が迫ってきて最後は地味に焦る(笑)

 

 

工場内はすももの甘酸っぱい香りが広がります。

 

 

そして、ホップ選びも大事。

今回は箕面ではあまり使ってないリーフホップを。
あきおさんのアドバイスを元に新しい試みでザーツホップのリーフを使いました。

 

まもなく仕込みも終盤、麦汁をタンクに流し込む前にひたすらカットしたすももをイン!

大量に流し込みます。

イーストはAbbyイーストで醸しました。このイーストも今回初チャレンジ。

昨今の新しいビアスタイルも魅力的ですが、伝統的なクラシックなスタイルを

リスペクトしている事もあり、ベルジャンイーストを選定しました。

どんなビールに仕上がるのかワクワク(^^♪

 

7月に仕込みましたが、約3ヶ月じっくり寝かせてようやく販売となりました。

毎回コラボで思う事。一緒に何かを造るうえで自分たちの気持ちや考えもリフレッシュできて

さらに新しい発見も多く、そして何より楽しい!今回もとても勉強になった仕込みでした。

YOROCCOヴァージョンと箕面ヴァージョン、毎年交互に仕込めたら嬉しいなと。

そして、きっとこのすももカット作業は夏の風物詩になりそう(笑)

ついついフルーツカッターとか検索してしまうこの頃。

もうすぐ柚子の時期でもあるしね♪

 

 

 

「KOMPAS」

ラベルデザインは箕面のおさるでお馴染みの木富くん。
これまでのテイストとはガラッと違った感じに。目にも可愛いピンクでデザインしてくれました。
(木富くんについては想いが大きすぎて、なかなか文字でまとめきれてなく…
 改めてじっくりブログでご紹介させていただきます(^^)

「KOMPAS」=羅針盤
ピンクの波に乗って私たちの目指す方向へいつも導いてくれますように。

アビィ酵母の華やかでスパーシーな複雑な香りに、軽やかなモルトのボディ、後味にはほんのり

すももの風味と酸味が感じられます。

また、贅沢に使ったザーツホップがノーブルなアロマと味に深みを。

原料を手にしながら、お互いの経験とインスピレーションを大事に仕込んだ「KOMPAS」

楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

全員集合~。

 

あきおさん、楽しい時間をありがとうございました!

YOROCCOさんとのコラボビール「KOMPAS」よろしくお願いします(^^)/~~~

※今回一般のオンライン販売はございませんが、10月23日頃から、いつも箕面ビールを

お取り扱いいただいているお店で提供いただく予定です。

見かけたらぜひお試しください(*‘∀‘)