振り返りシリーズその①

アップデート:2021.1.22

カテゴリー:ブログ

今日は生憎の雨ですね…。
緊急事態宣言が発令されてから、少し静かな事務所です。
みんな我慢の時ですが、さすがにこの状況が長引けば厳しいな…と(涙)
とは言え、暗い事ばかり考えていたら滅入ってしまうので
明るい先を想像して!時間を有効に使おうと新しい取り組みも色々と進めています。
中には時間がかかるものもありますが、それぞれ形になってきたら改めてご紹介
させていただきますね。

事務所も手が空いた時に整理整頓をと思い、そんな時のあるある。
写真を見つけるたびに手が止まるやつです。
せっかくなんで懐かしい写真と共に昔を振り返ってみようと思います。

箕面ビールは最初の釜も入れると、これまで4度仕込装置(ブルーハウス)の入替をしています。
どんだけ~。自分たちで言うのもなんですが、忙しいったらないですね。

ただ確実に言えるのは、お取り扱いいただける飲食店はじめ、酒販店の皆様がいて、
そして様々な形で箕面ビールを飲んでいただいたおかげで、これまで成長する事ができました。
本当に有難いことですべての皆様に心から感謝申し上げます。
都度、スケールアップするたびに試行錯誤の繰り返しではありましたが、その経験も
今となっては自分たちの強みでもあるのかなと思っています。

こちらの写真はなんと7年前の1月20日。ちょうど今頃。
当時使っていた1KL仕込みの仕込み釜がお嫁に行った時の写真です。
(ちなみに2度目に使っていた釜になります)

 

これは、嫁入り前の日。

 

かなり沢山の仕込をさせてもらった釜。思い出も多い釜で、
最後は社長自らしっかり磨き上げ。


記念に一枚撮ってたみたい(^-^;

 

翌朝には、早くから慌ただしく、10名ほどの職人さんがやってきて、
それはそれは見事な仕事ぶりで、寂しいと余韻に浸る暇もなく…。

 

 

あっという間に

大型トレーラに積み込まれたのでした。

 

 

そして、そのお嫁に行った先は、富山のイチローでお馴染みの
山本さんのところ。城端麦酒さんです。

 

 

みんなで記念写真


懐かしい…。

 

あれから7年が経ち、今ではすっかりいい嫁っぷりを発揮してるとか^^
今でも、大事に大事に使っていただき、ブルーハウスも喜んでいるはず。

ちなみに3度目の釜がお嫁に行った先はYoroccoBeerさん。(こちらは次回のブログで~)
みんな元気にバリバリ働いているもよう。

当時はまったくもってこんな病気が世界中で蔓延するなんて、想像もしてませんでしたが、
箕面ビールもこれまで大変だった時も多々あり、この釜を入れる際は箕面ビールは過去で
一番の低迷期でした。設備投資する余裕なんで微塵もなかったんですが、駆けずり回って
前に進む決断をした事を今でもよく思い出します。

ここからも大変だったけども(笑)当時の事を思ったら今のこの状況も乗り越えられる
気がします。だから踏ん張ろ!