MASAJI BEER【GODFATHER10】

アップデート:2021.12.14

カテゴリー:ブログ

箕面ビールの生みの親、先代社長にちなんだビール「GODFATHER」は
造りだして9年目ですが、醸造回数でいうと今年で10回目となります。
毎年新しいレシピで先代のルーツやイメージをビールに取り込んだ
スタイルにとらわれない自由なビールです。

今年はベースになるビールはラガー(下面発酵)
淡色ではなく、ペールモルトとカラメルモルトの使った褐色のラガーをベースに、
先代の出身地 小豆島のダイダイ(柑橘)を使ったジューシーで爽やかなラガーです。

 


昨年は「ジンジャー(新生姜)とグリーンレモン」、今年は「ダイダイ(柑橘)」と
いつもお世話になっているオーガニック農園”HOMEMAKERS”さん。
収穫したてで届いたダイダイはキラキラしておりました。

ヘタがお花模様でカワイイです~。

 

ハートの葉っぱに描かれたメッセージ、無農薬で育てられた農産物は
虫たちも食べたくなるはず。

橙(ダイダイ)は、果肉と果汁はほんのり甘味がありますが、
香酸カンキ ツと呼ばれるジャンルで酸味が強い柑橘です。
また皮からの苦みも強いので、そのまま生食にするのには適していません。
橙にたっぷりと含まれた果汁を搾って、ポン酢作りやジャムなど加工品に
使用されることが
多いそうで、お正月の鏡餅の上に乗せる果物はミカンではなく
本来は「ダイダイ」だったそう!
しめ縄にも使われていて、とてもおめでたい縁起の良い果物。
今年のGODFATHERでゲン担ぎになれば嬉しいな(*^^*)

 



今回は、果汁をしっかり搾り、ビールの発酵終了のタイミングで投入しています。

 


ダイダイのほのかな酸味がビールに深みを与えてくれています。
また僅かですが柑橘繋がりのブンタンの皮も加え、さらに奥行きのあるアロマと
フレーバーがアクセントになっています。

 

 

今年のGODFATHER!
今回も島の方や沢山のご協力があり愛情いっぱいの「GODFATHER10」が出来上がりました。

 

~HOMEMAKERS~
三村さん夫妻が2013年にはじめられたオーガニック農園。
小豆島の肥土山(ひとやま)という里山で1年間を通して100種類以上の野菜を育てられています。
大事に育てられたお野菜たちは島の人だけでなく、全国に届けられています。
また、手作りシロップも身体に優しく、とても美味しいのでオススメです^^
オンラインストアで販売されてますので、ぜひのぞいてみてください。
HOMEMAKERSオンラインショップ

 

 

【GODFATHER10】

【販売スケジュール】

<WAREHOUSE>
・ボトル販売⇒12月14日 10時‬~
(ご予約は出来兼ねます。ご了承くださいませ。)

<オンライン>
・12月20日 18時‬~
※申し訳ございませんが、お1人様6本までとさせていただきます。

店頭販売日とオンライン販売日が異なります。ご注意くださいませ。

 

 

そして、今年も4ブルワリーさんが「MASAJI BEER」を醸造してくださいました。
「ありがとう」って言葉じゃ全然足りなくて、ありがとう以上の言葉を
見つけられない文才乏しい自分を毎年悔やみます。
9年経った今も有志でこうして醸造いただき、取り扱ってくださる
ビアバーさんや酒販店さんがいて、飲んで楽しんでくださるお客さんがいて…
「ありがとう」では全然足りないけれど…今年も皆さま本当にありがとうございます!

各社のMASAJI BEERビールも、同じタイミングで全国各地の飲食店さんはじめ酒販店さんで
提供されます。(お取り扱い、詳細に関しては各ブルワリーさんからとなります)
また、BEER BELLY土佐堀では、12月15日に5ブルワリーのMASAJI BEERを
一斉開栓いたします。
お近くで、お馴染みのお店で MASAJI BEER を見かけられたらぜひ
お楽しみいただけると嬉しいです^^

 

<<2021年 MASAJI BEER 造ってくださったブルワリー>>
いわて蔵ビール 「R-IPA」
スワンレイクビール「Imperial Red Ale」
志賀高原ビール「W-IBS」※今年はセゾンVer.です
城端麦酒「俺のAJI」

 

小豆島の穏やかな海…キレイです。
おとんどっかで見てるかな~。

                    

Thank you Godfather!!